2012/05/18

世間遺産 on TV

 

残したい、伝えたい「人・もの・風景」に迫る!

 

リポーターの小島一宏さんが街で出会った皆さんの『世間遺産』を伺い、

皆さんの「大切なもの」「未来に残したいもの」を「世間遺産」として番組を通し共有していきます。

      

    ▲リポーター 小島一宏 さん           ▲アシスタント 木村友里華(CCNC)

 

 

5月の世間遺産は、常滑市小鈴谷(こすがや)地区の旅。

ほぼ南の端にある白山神社からスタートです。

                          LET’S GO!        

 

 

  

                                小鈴谷を見下ろせる高台から町を眺めるお二人。

 

                                      散策しながら、地域の方に伺います。

                                                     

                     もちろん想いの詰まった『世間遺産』をっ!

 

   そして、昭和50年から22年間、小鈴谷駐在所に勤務していた伝説の駐在さん

   山路さんにも世間遺産を伺いました。

 

 ▲ 写真左 山路さん

 

 

 

さてさて、小鈴谷という地区は実はとても歴史のあるものが保存してあるんです。

取材クルーがやってきたのは、鈴渓(れいけい)資料館。

  

 

こちらは盛田家に伝来した江戸時代初期から明治維新に至るまでの

たくさんの古文書を納めている資料館なのです。

 

盛田家は、江戸時代の半ばから醸造業を営み、小鈴ヶ谷村で代々庄屋さんをつとめていました。

 

盛田家について、う~んという方は、こちらを見るとなるほど~と思うはず。

http://www.moritakk.com/

「清酒ねのひ」知ってますよね?

 

そして、その盛田家の十五代盛田昭夫さんは、ソニーの創業者です。

http://www.akiomorita.net/

 

    

       資料館の館長 増田さん(▲写真一番右) に館内を案内していただきお勉強。

       

            ▲館内には、こんな歴史あるものも保管、展示されていますよ。

 

       

   続いて、鈴渓資料館にある資料でとっても古い資料があるというので見せていただくことに。

 

 

 こちらが、その資料です。

そして、見るからに古そうな一番右の資料はなんとっ約400年前の資料!!

1700年代ということは・・・江戸時代!!!!!

その時代の資料が今もこんな近くで保管されているなんてすごいですよね~。

 

今回もいろんな出会いや発見、そして小鈴谷を愛する方たちの世間遺産を伺いました。

この続きは、地域チャンネル(12ch)の世間遺産で。

 

 

<放送日程>

5月 1日(火)~15日(火) 世間遺産 小鈴谷地区 前編

5月16日(水)~31日(木) 世間遺産 小鈴谷地区 後編

放送時間は下記でご確認下さい。

 http://www.tac-net.jp/channel1/

 

                                    

 

 

『世間遺産』を大募集

 皆さんの心の中にある大切なもの、100年先まで残したいものを教えて下さい。

応募方法:メールでお寄せ下さい。 ccnc12ch@tac-net.co.jp

 

 

 

6月の世間遺産は、美浜町小野浦の旅です。お楽しみに。

コメントは受け付けていません。